ビルメンテナンス会社の上手な選び方

ビルをしっかり管理するためには、ビルメンテナンス会社との提携が必須です。特にいくつものオフィスが入っている高層ビルともなれば、管理を統一化するだけでも手間がかかります。その道に長けている專門の会社に依頼した方が無難です。ビルメンテナンス会社はたくさんあります。信頼できる会社を選ぶことがポイントです。これまでの実績などから判断します。これまでも様々なビルの管理をしてきた会社ならノウハウもあるので、安心して任せられるはずです。また、管理というのは清掃をはじめ、警備なども含まれることがあります。また、定期的にビルに備わっている共通の機器などのメンテナンスも行うことになります。幅広い視野で管理をしなくてはなりません。だからこそ、ビルメンテナンス会社の選択は重要となってきます。口コミなどの評判から選んだ方がいいかもしれません。

ビルメンテナンス会社の仕事内容は

建築物を利用し、維持や管理をするために必要な清掃や修理、点検などの各種業務を行う会社をビルメンテナンス会社と言います。これらの業務を請け負うために、ビルクリーニング技能士や清掃作業監督者、病院清掃受託責任者やビル管理士、統括管理者、電気主任技術者などの資格を持っている人が必要になってきます。特に、電気工事士とボイラー技士、そして危険物取扱者をビルメンテナンス資格3点と呼ばれています。主な勤務場所となるのは、様々目的で使用される大型の建物です。百貨店や劇場、映画館などの商業施設もあれば、複数の事務所が入っているオフィスビルもあります。床面積が3000平方メートル以上のビルはビル管理法という法律によって、管理方法が定められています。電気、水道、空調と仕事内容は多岐に渡ります。自ら修理に携わる場合もありますし、業者と連絡をして対応する場合もあります。その場合は立ち会いも仕事です。

ビルメンテナンス会社が行う業務

ビルメンテナンス会社はビルを管理するためにあります。テナントを借りている法人に対しよりよい仕事環境を与えるべく、ビルのトイレ掃除から庭の手入れ、駐車場のメンテナンス、空調の管理、セキュリティー維持などを行なっています。テナントを借りている法人が、いつもよりよい環境で仕事ができているのはビルメンテナンス会社の存在が実は大きいです。ビルメンテナンス会社の維持費はテナントの家賃収入となりますし、雇われであったとしても掃除係と管理者ぐらいで済みますのでとても利益率のいい商売と言えます。若い起業家たちが特に始める事業がないとき、起業の申請の際によく使うのもこの業種が多かったりもします。高齢者に出資をさせ起業し、高齢者に管理をしてもらい、出資された若者たちは違う事業を行うと言った起業家たちが増えてきています。