ビルメンテナンス会社はどんな仕事をしているのか

日本はビルが多く立ち並ぶ国であり、再開発等で今後もどんどん増加していくことが予想されます。そんなビルを管理する仕事はビルメンテナンス会社が行います。ビルメンテナンスの仕事はオフィスビル等はもちろんのこと、百貨店や映画館などの商業施設の場合もあります。ではビルメンテナンス会社はどのような業務を行うのでしょうか。ビルメンテナンスはビルを安全に快適に過せるように管理することが目的です。保守点検は代表的な仕事です。ビル内のドラブルは電気、水道など多岐にわたり、それらのトラブルが発生したときに迅速に対処します。業者やテナントとの折衝の仕事もあります。テナントがビルに何らかの要望がある場合、ビルメンテナンス会社の人に申し出る事が多いでしょう。そうした要望をオーナーに伝えたり、可能であれば対処したりします。

ビルメンテナンス会社で働く場合の取る資格

かつてのビルメンテナンスは管理者は立ち会うだけで、保守点検や修理などは専門業者が行っていました。最近では、保守点検等を管理者に任せる事が多くなり、それに伴い必要な資格も存在します。ではビルメンテナンス会社で働くためにはどのような資格が必要になるでしょうか。電気関係の保守点検や工事には資格が必要になります。職場によっては上位の資格を求められる可能性もあるかもしれません。第二種電気工事士、第三種電気主任技術者は比較的取得しやすいので、まずはこれらの資格で実務経験を積むとよいでしょう。ボイラー技士も必要な資格です。多くのビルで熱源として扱われているのはボイラーです。なので、ボイラー技士の免許を取得していれば、安全に保守点検等を行うことができるでしょう。もちろん、別の熱源を用いられているビルもありますが、とっておいて損はない資格です。

ビルメンテナンス会社の求人の探し方

ビルメンテナンス会社の仕事に就くためにはそうした仕事を探さなくてはいけません。雑誌で調べる方法もありますが、もっと効率的な方法としてインターネットがあります。求人情報がまとめられて求人サイトでは全国の仕事が調べられ、その中から選ぶことができます。ビルメンテナンスは販売などのサービス業に分類されます。職種はサービス業で、業種は兼備・メンテナンス・清掃を選択して検索するとよいでしょう。ビルメンテナンスで検索してもビルの清掃が多くヒットしてしまうので、検索ワードを変えなくてはなりません。ビル管理と検索すると設備管理のビルメンテナンスの求人が多くヒットしますので、参考にしてください。ビルメンテナンス会社で働きたいのなら、求人サイトで探すのが便利です。検索ワードを駆使して、お望みの求人を探しましょう。